小倉山 教弘寺

本日午前中、運動でシティサイクルで宝山寺まで往復しました。
途中、生駒山中にある教弘寺へ立ち寄りました。
e0187395_1248160.jpg





暗峠道を登ります。
e0187395_1246630.jpg

生駒山中腹の鬼取町付近
e0187395_12472377.jpg

教弘寺
e0187395_1248160.jpg

e0187395_12571259.jpg

e0187395_12481166.jpg

昔は広大な寺であったそうですが、現在はこの本堂しか残っていません。
空海もここで修行したそうです。
この付近で藤原定家が詠った歌が「新古今和歌集」にあるそうです。
 しら雲の 春はかさねて 立田山 をぐらのみねに 花にほふらし
e0187395_12481823.jpg

宝山寺付近より生駒市街と奈良市方面の眺め
本日は視界は悪いです。
e0187395_12514588.jpg

パンクレスシティサイクルの効用 
 *出発前にエアチェック不要
 *絶対にパンクする危険はない
 *重たいので、短距離走っただけで運動になる
出発準備が面倒くさいときは、この自転車が一番です。 
[PR]
by turiganek | 2010-10-17 13:07
<< 鶴林寺~足湯、生駒谷横断 シティサイクルで榁の木峠(むろ... >>