長屋王の墓

本日も朝に運動で近大坂を6往復しただけです。
それだけでは書くことがありませんので、近大坂を平群町側に下った平群町梨本にある長屋王の墓まで足を伸ばしてみました。
長屋王は奈良時代初期の政治家で、藤原氏の陰謀で失脚し妻子ともども自害したそうです(西暦729年長屋王の変)
政治の世界の権力闘争は今も昔もあいかわらずドロドロしてますねえ。
e0187395_1856469.jpg




昔は野山の中にぽつんとあったのでしょうが、現在はこのようにすぐ隣まで住宅地として開発されています。
まあ長屋王さんもこの方が寂しくなくてかえって喜んでいるかもですが(笑)
e0187395_18561757.jpg

e0187395_18561016.jpg

長屋王墓から西に100mぐらいの所に王とともに自害した夫人の吉備内親王の墓があります。
こちらも周りを住宅が囲んでいます。
御墓を残して周りはすべて開発されています。ほんと御墓だけが国有地(宮内庁)のようですねえ。
e0187395_18562544.jpg

斜めからで見にくいですが「吉備内親王御墓」と書いてあります。
e0187395_18563521.jpg

菊見台住宅地北端からの生駒山の眺望
 昨日の雨で大気が澄みきれいに見えました。
e0187395_18565291.jpg

悲劇の政治家のせいでしょうか、御墓も誰にも知られずひっそりと葬られているような気がしました。
長屋王の変の舞台となった王の邸宅は、今のイト-ヨ-カド-奈良店(旧そごう奈良店)の位置にあったそうです。
長屋王墓の所在地地図
[PR]
by turiganek | 2009-12-13 19:18
<< 巨大アヒル撮影成功 元山上 千光寺 >>