なにわ自転車道(淀川分岐点~榎木橋)&水道記念館

天満橋→大川・淀川自転車道→豊里大橋→淀川・神崎川分流点→なにわ自転車道→榎木橋→新大阪駅→長柄橋→天満橋
(走行距離推定30キロ)
本日は午後2時に仕事のノルマ達成、土曜夕方の恒例で大阪市内ポタリングに出かけました。
本日は淀川沿い神崎川沿いを走りました。
いつも同じような所ばかりですが、大阪市内の道は信号停止ばかりでいらいらしますので、思いっきり走りたいときはどうしても川沿いの自転車道になってしまいます。
本日は空気が澄んで遠くまで眺めが良かったのですが、風がきつく向かい風ではペダルが相当重かったです。
e0187395_201401.jpg





天満橋より、本日は夏のような雲がでています。
e0187395_1959073.jpg
e0187395_1959866.jpg

淀川沿いより生駒山がくっきりと望めます
e0187395_19591620.jpg

淀川・神崎川分流点まできました。ここから神崎川にそったなにわ自転車道に進んでゆきます。
e0187395_19592466.jpg

東海道新幹線をくぐります。
e0187395_19593267.jpg

北江口橋の水門
e0187395_19594279.jpg

阪急京都線をくぐります。
e0187395_19595634.jpg

安威川(左)と神崎川(右)の合流点
  ここで一気に水量が増大します。
e0187395_200618.jpg

阪急千里線をくぐります。
e0187395_2001640.jpg
e0187395_2002614.jpg

JR城東貨物線をくぐります。
e0187395_2003771.jpg

JR東海道線をくぐります。
e0187395_200475.jpg

榎木橋より神崎川下流方向
e0187395_2005493.jpg

榎木橋より神崎川上流方向(走行してきた道を振り返った方向)
e0187395_201656.jpg

新大阪駅
e0187395_2011794.jpg

水道記念館
  入館無料だったので入ってみました。
e0187395_2012998.jpg

水屋さん(水道記念館)
  明治時代の大阪市内に水道が整備される前は、このような水屋さんが淀川でくんだ水を船で運んで、各家庭に売りに歩いたそうです。
  大阪市内の井戸水は海の塩分がまざって飲料には不適であったそうです。
  (ひょっとして館内の展示物は撮影禁止でしたら、ごめんなさい!)
e0187395_201401.jpg

長柄橋
e0187395_201504.jpg

長柄橋からの太陽
e0187395_2015865.jpg

なにわ自転車道はずっと堤防下を走りますので、眺めが良くなくもう一つですね。
しかし、自転車道は信号がなく快適に走れるところはよいですね。
運動が主目的でサイクリングしておりますので、頻繁に信号停止しなければいけない市街地の道は、できれば走りたくないです。
[PR]
by turiganek | 2009-11-14 20:40
<< ちょっとだけ奈良へ 大神神社 >>