ぶらり天理

法隆寺→安堵町→県立浄化センタ-公園→二階堂→天理教本部→石上神宮→近鉄天理駅より輪行帰宅
(走行距離26キロ)
本日、仕事場より帰宅したのが午後4時、今からだと行ける所は近場になりますが、とりあえず日没まで走って到達したところから輪行帰宅したらいいかと、当てもなく出発しました。
法隆寺まで南下、その後ずっと東に進んでたら、天理まで来ました。
とにかく、天理は宗教の力に驚嘆させられる町です。
e0187395_21324279.jpg





佐保川(左)と初瀬川(右)の合流点です。ここから大和川になります。真ん中の水門からの水は浄化センターで処理された水です。
e0187395_21222675.jpg

佐保川に沿って東進します。
e0187395_21233031.jpg

南から雨雲が迫ってきました。
e0187395_2124197.jpg

天理方向(東)は晴れ間も見えますので、東に進むことにしました。
e0187395_2126667.jpg

天理駅前まで来ました。ここから教会本部まである長い商店街が始まります。
e0187395_21271975.jpg

町の規模には大きすぎる商店街です。全国から礼拝にくる信者さんにより潤っているようです。
天理教の祭礼用品の専門店等ここにしかないようなお店もあり、ぶらついているとなかなかおもしろいです。もう夕方で閉店しているお店もたくさんありましたが。
e0187395_2129214.jpg

全長500メ-トルある商店街を抜けた所に天理教教会本部があります。
この門(鳥居なのでしょうか?)の高さは、信者さんの背たけから推定下さい。
e0187395_21324279.jpg
e0187395_21325460.jpg

私は信者ではありませんので、よくわからないのですが、教会本部に向き合って巨大な建物があります。
e0187395_21344478.jpg

天理教関連の建物群を抜けたところに石上神宮(いそのかみじんぐう)があります。
この神社も由緒ある神社でが、天理教関連の建物群から見たら小ぢんまりしたものです。
e0187395_21362691.jpg

再び教会本部まで戻ってきました。この建物の巨大さは信者さんの背たけからわかると思います。
天理教の法被を着ている外人さんも見ましたので、外国にも信者さんがおられるのかと驚きました。
e0187395_213817.jpg

商店街を逆に抜けて、天理駅まで戻ってきました。JRと近鉄が共同で使用する駅ですが、この駅も町の大きさに比べて巨大です。全国から来る信者さんを裁くために大きくなっているようです。
e0187395_21404270.jpg

日が暮れてしまったので近鉄天理駅より輪行帰宅しました。
e0187395_2142261.jpg

私は信者ではないのですが、天理に来てその巨大な建物群を目の当たりにすると、宗教の力に驚かされます。そういえば富田林のPLの塔にも目を剥いてしまったなあ~。
[PR]
by turiganek | 2009-09-22 22:02
<< 夕暮れ時の十三峠越え 京都散策 >>