亀の瀬越え・大和川自転車道

三郷町→亀の瀬越え→柏原市→大和川自転車道→大阪市平野区→加美→俊徳道→永和→(地下鉄中央線高井田駅より輪行帰宅)
(走行距離34キロ)
夕方仕事から帰宅後、大和川沿いに亀の瀬渓谷を越えて大阪府に入りました。亀の瀬越えは交通量の多い国道25号線を通りたくないので、裏道で亀の瀬渓谷を越えられるかどうか探索しました。
裏道はありました。25号線を通らずに大阪へぬけるル-トを発見できました。
大阪府柏原市へ到達後、大和川自転車道を大阪市平野区まで走り北上、地下鉄高井田駅で日没、輪行帰宅しました。
e0187395_21272599.jpg




近鉄生駒線信貴山下駅
e0187395_21232983.jpg

龍田大社
e0187395_21251444.jpg

JR大和路線三郷駅
e0187395_21241575.jpg

JR大和路線の大和川の鉄橋(三郷~河内堅上間)、  このあたりから大和川は、奈良盆地から亀の瀬渓谷に入っていきます。
e0187395_2125548.jpg

峠八幡神社、 ここから県境を越えて大阪府柏原市です。しかし、地形的にはまだ生駒山系の東面で奈良側のような感じです。
e0187395_21261262.jpg

亀の瀬地すべり現場 
 古い話ですが、昭和6年にここで大規模な地すべりが発生し、国鉄関西本線(現JR大和路線)のトンネルが崩壊し、大和川の対岸に線路を付け替えたそうです。現在まで危険な状況が続いており、地すべり予防工事が進行中です。
e0187395_21264047.jpg
e0187395_21265672.jpg

  ここから先は、地すべりの最も危険な地帯で、この道も地元住民以外は通行禁止と掲げられています。誰も見ていないし自転車ならいいかと勝手に判断してそのまま進みます。しかし、前方に民家がありますが、住民の方は不安でしょうねえ。
e0187395_21271062.jpg

  大和路線が鉄橋で対岸に渡りますが、昭和6年の地すべり以前は渡らないで、まっすぐに進んでいたそうです。(来た道を振り返っての撮影です。向こうが奈良側です。) 対岸は国道25号線が通っています。
e0187395_21272599.jpg
e0187395_21273914.jpg
e0187395_21275023.jpg

  大和川の対岸のがけです。
e0187395_2128658.jpg

  JR河内堅上駅
e0187395_21282232.jpg

  このあぜ道のような道を進んでいきます。
e0187395_21283689.jpg

大和川にかかる吊り橋を渡ります。 一度に15人以上渡ると危険と掲げられています。
e0187395_2129536.jpg

  吊り橋上から奈良県側(上流側)を見た眺め
e0187395_2130685.jpg
e0187395_21301864.jpg

近鉄大阪線の鉄橋(安堂~河内国分間)、 渓谷をぬけて大阪平野に入りました。25号線を通らずに裏道だけでここまでこれました。ラッキ-!
e0187395_2131526.jpg

大和川の自転車道(柏原市)、 いつも言ってますけど、自動車に追い立てられない道は気持ちいいわ。
e0187395_21326100.jpg

近鉄道明寺線の鉄橋
e0187395_21325946.jpg

近鉄道明寺線柏原南口駅
e0187395_22145959.jpg

女性サイクラ-に追い抜かされました。マイペ-スマイペ-ス気にしません。夕陽を追いかけるように走るのは爽快です。あいにく、本日は西空が曇りがちで鮮やかな夕陽は望めませんが。
e0187395_21334985.jpg

大阪市営地下鉄中央線高井田駅
e0187395_21342864.jpg

亀の瀬の地すべり危険区域は、近くに住んでいながらぜんぜん知りませんでした。自転車でポタるといろいろ発見できておもしろいです。
[PR]
by turiganek | 2009-08-29 22:31
<< 白川溜池・奈良市街散策 今井町の古い町並み&橿原神宮 >>